クジラ病棟の或る前夜
在鲸鱼病房的某个前夜

词曲 トーマ
呗 初音ミク

译 维

>「ねえ、最後に話をしよう」
>灰色の管、繋がった君の口元
>「そうだ、少し頼りないような、
>君の下手な歌、好きだったよ」
“呐,最后再说说话吧”
灰色管道,连接着你的嘴角
“对了,似乎有些不可靠的,
你拙劣的歌,我很喜欢呢”

>煤けたカーテンに囲われ、
>夜中の秘密みたい。
被烟黑色的窗帘围绕,
好似夜晚的秘密一般。

>機械に飲まれてく
>君の血、吐く息、心臓の音。
>それでも、美しいね。
被机械吞没了的
你的血液,吐息,心跳声。
即使这样,也如此美丽啊。

>意味もなく、なぞるように
>名前を呼び合って
>最後の夜の約束 車輪子の花嫁
>「君に愛されて生きてこれたこと、
>とても幸せに思うの。
>だから泣かないで、ねえ」
毫无意义,像是临摹般地
呼唤着彼此的名字
最后一夜的约定 轮椅上的新娘
“被你爱着 一直活到了现在
是十分幸福的事
所以啊 别再哭了,呐”

>「ほら、君が好きだって言った、
>映画の終わりも、こんな風だったね。」
“你看,你曾说喜欢的那部电影
它的结局,也是这样的呢。”

>「ちょっと理科室みたいな匂い。
>仲が良かった子、どうしてるかな」
“这里有点像实验室的气味。
曾经关系很好的那孩子,现在又怎么样了呢”

>二度と季節は巡らない。
>二度とページはめくられない。
>水も吐いてしまう花束は、眠ったまま。
季节不会再度巡回至此。
书页也无法被再次翻开。
水分散失殆尽的花束 就这样沉睡下去

>黒い空、堕ちてくる 悪い夢を見た。
>涙の海の沈んでく、僕の街の夢を見た。
>きっと何一つ、夢なんかじゃなかった。
>夢の中でも君だけは、いつも正しかった。
漆黑的天空 坠落下去 我做了噩梦。
我的街道沉溺在泪水之海,做了这样的梦。
这一切都一定不是梦什么的吧。
即使在梦境之中,也只有你一如既往的正直。

>張り詰めたサイレンと、汽車を待つ君の六月
>許せないこの僕をもう一度、許してほしい。
紧促的汽鸣声和,等候着汽车的你的六月。
请再一次原谅,这不被原谅的我。